tousankaihi2.png

再生資金スライド法



ご注意)ここでお話しています倒産塾マニュアルは販売中止に
    なりました。あらかじめご了承のうえお読みください。






倒産させる事は恥ずかしい事でも何でもないです。


事業を推進するものにとって、絶対に安全な道はありません。
         (いやなら、サラリーマンや公務員がいい。)

倒産させるか、継続させるかを冷静に判断する事が重要なのですね。


ダメだと思ったらいさぎよくケツをまくるしかありません。
       
(自殺や一家心中、夜逃げを回避すると言う意味で
    私は小さな子供が道づれになる事件が一番やりきれません)


倒産して一番困ることは、あなたとあなたの大切な家族のこれからの
生活です。


そして、借金のためにお願いした保証人の事、あなたの会社が倒産
して借金の返済が困難になれば保証人に返済義務が生じます。


その結果、家族と別れて保証人からも逃げ、ホームレスになって
しまう人が多いそうです。


具体的には、 家族で1年くらい暮らせる最低限の生活資金の確保。


法律通りに倒産手続きを行うとすべてがなくなる現実があります。


法律の通りに倒産させると、職無し、家無し、お金無しで本当に裸にされます。


そこで生きてくるのが前回ご紹介のすごい情報です。


実際に倒産を経験した人の本物の情報です。弁護士のアドバイスは
あくまでも法律の専門家としてのアドバイスです。


非常に秘匿性・希少性の高い情報といえます。


もし、あなたが実際に倒産を避けられない状況・今は順調でも経営者
としてあらゆる局面に備えたいなどであれば・・・

「1年間の生活資金を残して倒産する方法」の専門家をご紹介いたしましょうか?


リンクを貼っておくのでよければ見てみてください。

実際は有料マニュアルの販売ページですが、これを読むだけでも
私はためになりました。
        
         

販売中止となっております。
販売中止中。

次回はこの「1年間の生活資金を残して倒産する方法」の専門家から
私が教えてもらったことをもう少しお話しいたします。
         ↓↓↓

       次のページを読む


この記事へのコメント
こんにちは。
実際にサイトを見てみましたが、こんな情報があったんですね。
Posted by りゅうじ at 2008年11月30日 19:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。