tousankaihi2.png

「「会社が危ない!」と思ったときにお金をひねり出す61の方法」の紹介

「会社が危ない!」と思ったときにお金をひねり出す61の方法
(単行本(ソフトカバー))の紹介

たいへん興味深い、タイトルの新刊がありました。


この不況の中で、経営が厳しくなっている中小企業は多いのが実情です。

いかに再生するか?顧問税理士等に質問しても、具体的な納得の
いく答えが返って来ないことが多いのが現状です。

しかし、すべての会社を再生する方法は、意外に身近にあるもので、
知っているだけで解決される問題は多々あります。


状況を打破し、会社を守りたい、倒産だけはなんとか回避したいと
考えているすべての経営者に、「お金をひねり出す方法」を
解説しています。

経費削減、資金繰り、税金対策など、使える61の方法の紹介。

銀行との話のコツや利益の出る値下げのやり方など改善策の
いろいろを解説。

企業再生の現場で問題に取り組むコンサルタントが実際に使っている
企業再生、財務体質の改善に役立つ方法が分かります。

すぐにでもとりかかれる手法ばかりで、経理や会計の知識がなくても、
やさしくわかるように解説されており役立つ一冊でしょう。


目次を見てみると下記のようになっています。
第1章 なんとかしてお金を「捻出」する
第2章 上手に「資金繰り」してお金を残す
第3章 「経費削減」してお金をひねり出す!
第4章 「税金対策」でお金をひねり出す!
第5章 お金を残す会社は「貸借対照表」で考える

実際の現場で培われた内容ですので、実情に即して大いに参考と
なることでしょう。


著者について

見田村元宣(みたむら もとのぶ)
税理士・経営コンサルタント。
現在は売上増加のマーケティング、節税、相続、事業承継、
組織再生などのコンサルティングおよびセミナーなどで活躍されて
いる。

内海正人(うつみ まさと)
金融業界で培った知識と経験を活かせる現場派社会保険労務士、
人事コンサルタントとして活躍されている。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。